北朝鮮のミサイル危機で核シェルターに予約殺到

公開日: 


北朝鮮のミサイル危機で核シェルターに予約殺到

ソース

「売れて売れてしょうがないです」と嬉しい悲鳴をあげるのは、核シェルター業界だ。北朝鮮は核実験や日本へ向けたミサイルの発射を重ねるが、そのたびに核シェルター販売会社には、問い合わせの電話やメールが殺到している。

 NPO法人日本核シェルター協会によると、日本での核シェルターの人口に対する普及率は0.02%。スイス100%やアメリカ82%の普及率と比べると、大きく水をあけられている。核シェルターを販売する織部精機製作所(神戸市)のシェルター担当・織部信子取締役はこう話す。

「今までは地下室をつくって、その中に放射性物質や毒ガスを防ぐための家庭用の換気装置(スイス製)を設置してましたが、今年は換気装置だけが飛ぶように売れている」

 これまでほとんど需要がなかったので、昨年対比38倍の販売台数だという。

 地下核シェルターを設置するためには同社では2500万円の費用が必要。役所への申請や施工などに4カ月半かかる。

「北朝鮮がきょう、明日にも、ミサイルを撃ってくるかもしれないというときに、そんなに待ってられないんですね。換気装置なら、部屋に半日で取り付けられます」(織部氏)

 エアコンほどのサイズで、6人用くらいのものが62万円、13人用が180万円。

「62万円のものは50台の在庫を持っていたんですが、3月末から4月でいっぺんに売り切れになりました。もう在庫もありません。180万円のものは十数台売れて、スイスに追加注文しています」(同)

 大阪の会社シェルタープランニングではイスラエル製の家庭用のものが「この1カ月で15~16台売れた。入荷待ちの商品もあります」(新井宣房代表)。

 北朝鮮のミサイルは発射後7~8分で日本に着弾する。「Jアラート」というサイレンが鳴ってからは3~4分という短さだ。

北朝鮮のミサイル対策に核シェルターを今すぐ予約

北朝鮮のミサイル対策に核シェルターを今すぐ予約

地震・津波・土砂災害から命を守る防災シェルター『SaveCapsule(ノアⅡ)』
小型4名 / 直径120cm / 重量 約75kg / 圧縮強度9.4t以上。
※瓦屋根の2階が乗っても潰れません。
1.安全試験合格済み 2.様々な災害に対応 3.大がかりな工事不要 4.軽くて持ち運び可
原材料は強度と耐久性を追求した、強化プラスチック(FPR)を使用。

出品者のコメント: ◆受注生産品◆おかげさまで創業51年。商品は、『千葉』からの発送です。定休日は日曜・祝日 ※注 データー作成時の在庫管理は確実にしておりますが当社は通常での店頭販売もしております。その為、稀に在庫切れが発生する場合がございます。その場合、速やかにお客様にお詫びのメールと返金等をさせて頂きます。ご了承下さい。

今すぐに予約しないと北朝鮮のミサイルに間に合わないかも!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑