【驚き】Adobeセキュリティブログ、秘密鍵掲載するミス

公開日: 


【驚き】Adobeセキュリティブログ、秘密鍵掲載するミス
ソース

【驚き】Adobeセキュリティブログ、秘密鍵掲載するミス

問題となったAdobeセキュリティブログ秘密鍵掲載

【驚き】Adobeセキュリティブログ、秘密鍵掲載するミス

問題となったAdobeセキュリティブログ秘密鍵掲載

米Adobeの製品セキュリティ対策チーム(PSIRT)ブログに、メール暗号化に使われるPGPの秘密鍵が手違いで掲載されてしまうハプニングがあった。Adobeが9月25日の声明で確認した。同社は既にこの投稿を削除したものの、Twitterを通じて画面のスクリーンショットが出回っている。PGP(Pretty Good Privacy)はメールの暗号化に使われるプログラムで、公開鍵で暗号化し、受信者が秘密鍵を使って復号する。

 ところが一般に公開してはならないはずの秘密鍵が、公開鍵と一緒にAdobeのPSIRTブログに掲載されているのを、フィンランドのセキュリティ研究者ユホ・ナーミネン(Juho Nurminen)氏が9月22日に発見した。

 ナーミネン氏から連絡を受けてすぐ、Adobeは問題の投稿を削除して、鍵を失効させたという。同氏は鍵が失効されたことを確認して、Adobeのブログに掲載されていた秘密鍵のスクリーンショットをTwitterに掲載した。

 Adobeは9月25日、メディア各社に寄せたコメントで手違いがあったことを認め、「問題のPGP鍵は失効させ、新しい公開鍵と秘密鍵を発行した。問題のPGP鍵は外部のセキュリティ研究者とAdobeセキュリティチームとのメールのやり取り専用に使われていたもので、Adobeの顧客への影響はない」と説明している。

現在ではこの秘密鍵は無効となっていますが
セキュリティー上の観点から問題だと言えます。

以下ネットの反応です!

【期間限定】なないろリンカネーション 3周年記念描き下ろしイラスト同梱版

【期間限定】なないろリンカネーション 3周年記念描き下ろしイラスト同梱版

大学三年生の夏。
加賀見 真は亡くなった祖父から譲り受けた家に移り住み、かねてからの念願だった一人暮らしを始める――はずだった。

祖父の家にやってきた真を出迎えたのは、座敷わらしの少女と自らを鬼と称する女性。
彼女らは鏡に映らず、自分以外の人間の目には映らない不可思議な存在だった。
真は知る。
自身が『霊視』という特別な力を持つことと、祖父から受け継いだのは土地と家だけではなかったことを。

鬼を従え、町に彷徨う霊魂を現世から解き放ち、常世へと送ること。
それが代々受け継がれ、祖父から託された加賀見家の『お役目』であった。

あまりに突然すぎて理解が追いつかない真であったが、実際にお役目を果たしていくことで少しずつ加賀見家当主としての自覚が芽生えていく。
そしてこの小さな町の平和を揺るがす、とある事件に巻き込まれていくのであった…。

【期間限定】なないろリンカネーション 3周年記念描き下ろしイラスト同梱版

7,400円

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑