神戸製鋼 海外でトップ報道!海外の工場でもデータ改ざんか?

公開日: 


神戸製鋼 海外でトップ報道!

神戸製鋼 海外でトップ報道!

ソース

Google翻訳した文章は記事下にあります。

Steel maker Kobe Steel apologized Thursday after finding wider problems, dating back to 2011, with faked inspections data for metals used in many products, including cars, bullet trains, aircraft and appliances.

Kobe Steel’s president, Hiroya Kawasaki, bowed deeply in a formal apology, lamenting that “Trust in our company has dropped to zero.”

He promised a senior trade ministry official that the company, Japan’s third-largest steelmaker, would provide results of safety inspections within two weeks and a report on the cause of the problem within a month.

Akihiro Tada, director of the ministry’s Manufacturing Industries Bureau, urged the company to move quickly in resolving the problems, which are thought to have affected many of the country’s largest manufacturers.

The company, Japan’s third-largest steel maker, said in a statement late Wednesday that it had uncovered manipulation of data on steel powder used in metallurgy and also on high-tech materials used to create films used in computer chips. The government has urged Kobe Steel to clarify the extent of the misconduct.

The latest discovery was of falsification of data on 140 tons of steel powder supplied to one customer in fiscal 2016, between April 2016 and March 2017.

Another case involved 6,611 items of sputtering target materials shipped to 70 customers beginning in November 2011. Kobe Steel said it had failed to carry out tests it had agreed to conduct, and improperly “rewrote” inspection data.

But it said most of those materials, used to deposit thin films from various materials onto components such as computer chips, were re-inspected and are thought to have met customers’ specifications.

Earlier the company said that in the year up to Aug. 31 it had sold materials such as aluminum flat-rolled products, aluminum extrusions, copper strips, copper tubes and aluminum castings and forgings using falsified data on such things as the products’ strength.

The government has asked the company to provide more information about the products supplied to more than 200 Kobe Steel customers, reportedly including some of the country’s biggest manufacturers, including defense contractor Mitsubishi Heavy Industries and a number of automakers.

It was unclear if the total of 40,900 tons of products involved included shipments to other countries.

“We have confirmed that aluminum from Kobe Steel is used in the hoods and doors of some of our vehicles,” Nissan said in an email. “As hoods are related to pedestrian safety, we are working to quickly assess any potential impact on vehicle functionality.”

Toyota also confirmed that the material has been used in hoods and rear doors of some of its vehicles.

“Putting the utmost priority on the safety of our customers, we are rapidly working to identify which vehicle models might be subject to this situation and what components were used, as well as what effect there might be on individual vehicles,” Toyota said in a statement. “At the same time, we are considering what measures need to be put in place going forward.”

Aircraft maker Boeing said it, too, is looking into the problem but had no reason to believe it was a safety concern. .

“Boeing has been working closely and continuously with our suppliers since being notified of the issue to ensure timely and appropriate action, including comprehensive inspections and analysis throughout our supply chain,” the company said in an email.

Kobe Steel said it discovered the violations during internal inspections and “emergency quality audits.”

Product quality scandals have posed a challenge to the image of top Japan’s manufacturers in recent years. In one of the largest, auto parts maker Takata Corp. has paid $1 billion in penalties for concealing an air bag defect blamed for at least 19 deaths worldwide. Major automakers are also engaged in massive recalls and facing criticism for allegedly continuing to use the defective air bags despite knowing of the problem.

Last year, Mitsubishi Motors Corp. acknowledged it had systematically falsified mileage data on some of its vehicles. That company’s reputation was hammered earlier by a massive, systematic and decades-long cover-up of defects that surfaced in the early 2000s.

In another major case, materials and chemicals maker Asahi Kasei Corp. found data had been manipulated in 360 projects out of 3,052, casting doubts on the strength of construction pilings.

A report on its investigation into the problem cited a slew of abuses, including outright swapping and falsification of data.

Kobe Steel said it was contacting its customers and working to verify the safety of the products it supplied. It has set up a committee headed by its president to investigate quality issues and hired an outside law firm to conduct a probe into the misconduct.

“Verification and inspection to date have not recognized specific problems casting doubts on the safety of the nonconforming products,” it said.

以下、Google翻訳

Google翻訳

鉄鋼メーカーの神戸スチールは、自動車、新幹線、航空機、家電などの多くの製品に使用されている金属の検査データを偽造し、

神戸製鋼の社長川崎博也は、「会社への信頼がゼロになった」と嘆いて正式に謝罪した。

同氏は、日本の第3位の製鉄会社が2週間以内に安全検査の結果を出し、問題の原因について1ヵ月以内に報告すると、貿易省の高官に約束した。

多田製作所工業局長の多田明博は、同国の大手メーカーの多くに影響を与えたとみられている問題の解決に早急に移行するよう求めた。

同社は、冶金で使用される鉄粉やコンピュータチップに使用されるフィルムの製造に使用されるハイテク材料についてのデータの操作を明らかにしたと発表した。政府は、神戸製鋼に違法行為の程度を明らかにするよう求めた。

最新の発見は、2016年4月から2017年3月まで、2016年度に1人の顧客に供給された140トンの鉄粉に関するデータの改ざんであった。

また、2011年11月から70人の顧客に出荷された6,611品目のスパッタリングターゲット材料が対象となりました。神戸製鋼は、実施することに同意した検査の実行に失敗し、不適当に検査データを書き直したと言いました。

しかし、コンピュータチップなどの部品にさまざまな材料の薄膜を蒸着するために使用された材料のほとんどが再検査され、顧客の仕様を満たしていると考えられています。

同社は以前、8月31日まで、アルミニウムの圧延製品、アルミニウム押出材、銅ストリップ、銅管、アルミニウム鋳物などの製品を、製品の強度などのデータを使って販売していたと述べた。

政府は、同社に、200社以上の神戸製鋼の顧客に供給されている製品に関する詳細情報を提供するよう、同社に要請したと伝えられている(防衛請負業者の三菱重工業および多数の自動車メーカーを含む)。

関係する製品の合計40,900トンが他国への出荷を含むかどうかは不明であった。

日産は、「神戸製鋼のアルミは、いくつかの車両のフードとドアに使用されていることを確認した」と、電子メールで述べている。フードは歩行者の安全と関連しているため、車両の機能に与える影響をすばやく評価するよう努めています」

トヨタは、その材料が一部の車両のフードとリアドアに使用されていることも確認しました。

トヨタは、「お客様の安全を最大限に優先して、どのような車両モデルがこの状況にさらされ、どのコンポーネントが使用されたのか、個々の車両にどのような影響が及ぼされるのかを迅速に確認しています。ステートメント。同時に、今後どのような措置を取る必要があるか検討している」と述べた。

航空機メーカーのボーイング氏は、それも問題を検討しているが、それが安全上の懸念であると信じる理由はなかったと述べた。。

「ボーイング社は、サプライチェーン全体の包括的な検査や分析を含め、適時かつ適切な処置を確実にするために問題が通知されて以来、サプライヤーと密接かつ継続的に協力してきました。

神戸製鋼は、内部監査や「緊急品質監査」の違反を発見したと述べた。

近年、製品品質の不祥事が日本のトップメーカーのイメージに挑戦しています。最大手の自動車部品メーカーの一人で、タカタは世界中で少なくとも19人の死亡原因が原因でエアバッグの欠陥を隠匿して10億ドルの罰金を支払っています。大手自動車メーカーはまた、問題を知っているにもかかわらず、欠陥のあるエアバッグの使用を継続しているとの批判に直面している。

昨年、三菱自動車は、いくつかの車両のマイレージデータを体系的に改ざんしたと認めた。その企業の評判は、2000年代初頭に現れた巨大で、体系的で、何十年もの長期にわたる欠陥の隠蔽によって、早期に打撃を受けた。

また、材料・化学品メーカーの旭化成は、3,052のうち360件のプロジェクトでデータが操作されていることを確認し、建設杭の強度に疑問を呈した。

この問題の調査報告では、データの完全な入れ替えや改ざんを含む多数の虐待が挙げられている。

神戸製鋼は、顧客に連絡し、供給した製品の安全性を検証するよう働いていると言いました。社長が責任を持って品質問題を調査する委員会を設置し、外部の法律事務所を雇い、不正行為の調査を実施した。

「これまでの検証と検査では、不適合製品の安全性に疑問を投げかけている特定の問題は認識されていませんでした。

海外でトップ報道された神戸製鋼
今後の対応が気になるところです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑