神戸製鋼のデータ改ざん 海外のニュースでますますトップニュース扱いに!

公開日: 


日本の材料と機械巨大巨大スチールによって偽造された製品検査データ のスキャンダルは金曜日に拡大し、500人以上の顧客に出荷された製品を含む。

神戸製鋼の川崎博也社長は、自動車のタイヤやエンジンに使用される銅合金製パイプや金型、鋼線材など、偽造や加工がされた9種類の製品を明らかにしたと記者団に語った。

日本第3位の製鉄会社が明らかにした問題は、優れた製造力をイメージした製品品質、経理、汚職事件の最新記事である。

最新の問題は、日本、中国、マレーシア、タイに神鋼製鋼とその関連会社が製造した1万1000トン以上の鉄鋼、銅、アルミニウム製品が出荷されたことで発見された。

川崎氏は時々涙を浮かべていたが、これまでの取締役会でより早く発見され、議論された事件のいくつかを明らかにしないことを会社がどのように選択したのかを説明した。

「現在、最優先事項は、原因を突き止めて予防措置を講じること、そして不十分な製品が顧客に影響を与えたかどうかを判断することです。「私はすべての力をその努力に注ぐ予定です」

「私は、この問題が広がった規模と程度に最も困っている」と川崎氏は語った。

川崎氏は、違法行為による製品リコールは期待していないと述べた。

以前、112歳の同社は、鉄粉、アルミニウム平板圧延製品および鋳物、銅ストリップ、チューブおよび鍛造品の偽造検査または偽造データを発見したと報告した。

神戸製鋼所は影響を受けた顧客を特定していないため、問題の正確な範囲は不明である。しかし、鉄道、自動車メーカー、航空機メーカー、半導体工場、原子力発電所など、多くのメーカーの主要サプライヤーです。

同社のウェブサイトによると、ワイヤーロッド製品の世界シェアは50%、船舶推進システムに使用されるビルドアップおよびソリッドクランクシャフトの世界市場シェアは40%、エンジン用アルミニウムパネルの日本市場シェアは約半分自動車のフード。

同社はまた、原子力発電所や原子力発電所の両方で使用される原子炉廃棄物やその他の設備用のキャスクも製造しています。

東京電力は、福島県内の2基の原子力発電所のうち4基の原子炉の1基に熱交換器のバックアップダクトを購入し、2011年の津波を少しでも崩壊させた。

東京電力は、神戸製鋼の子会社である新光金属製品(Shinko Metal Products Co.)が不適切な測定データを出したと伝えたという声明で、

ダクトがバックアップとして購入され、使用されなかったため、安全上の懸念はありません。

東京電力は、神戸製鋼所が本社とその子会社に出荷される製品の詳細な調査を依頼したと語った。東京電力も調査中です。

神戸製鋼は過去2年間で純損失を計上していたが、トップマネジメントからの過剰な圧力からコーナーカットが起こったとは考えていないと述べた。

同氏は、一部の顧客に対して損害賠償を求めなければならない可能性があることを認めている。

「当然、私たちはそれに備えて準備されている」と彼は語った。
http://abcnews.go.com/Business/wireStory/kobe-steel-announces-cases-faked-inspections-data-50456022

海外のニュースで神戸製鋼のデータ改ざんが
連日トップ扱いです!
これは・・・ヤバイ!

長井みいな

980円~

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑